自然に生える草

自然とともにあるシンプルな暮らし、庭づくり、ランドスケープ、建築。

冬の庭を彩るシルバーリーフ

 

しんしんと寒さが増してきて、気づけば12月も三分の一が過ぎました。どんよりと曇った白い空と枯れ行く草木。こんな風景も悪くありません。晴れた日は、それはそれは気持ちが良いけれど、どんよりと曇った日も、しみじみと落ち着いた良さを感じます。

 


東京の、この時期は、きらびやかな電飾があふれ、人がごった返しにうごめいていて、活気がある中にも、夜の暗さが強調されて、なんだか逆に寂しいような気分になってしまうのですが、自然の中にいると、平穏な気持ちになるから不思議です。

 


今年、私の小さな庭で、最も勢力を発揮したのは、このラムズイヤです。

f:id:greenarchi:20191211175043j:image

最初は南側に植えていましたが、他の勢いの強い植物の影になって、消えそうになってしまったので、東側に移植したものです。移植二年目で、立派なグランドカバーになるくらい増えました。

プクプクと手触りの良い動物の毛のような葉は、この数日の寒さで、あっという間にシナシナになって、溶けてしまいそうです。

 

 

こちらは、シロタエギク(ダスティミラー)です。 

 

f:id:greenarchi:20191211175259j:image

シルバーがより際立ってきました。こちらのシルバーリーフは、冬でも枯れることなく、殺風景な庭にボリューム感を与えてくれます。

 

シロタエギクは、寄せ植えの背景として脇役的な使われ方をすることが多いようですが、野放しで、大きな塊になるので、庭の重要なアクセントとして主役になっています。

 


葉の形が違いますが、こちらも、シロタエギク(ダスティミラー)です。

 

f:id:greenarchi:20191211175422j:image

ニュールック という新品種のようです。ヨモギの葉に似た切れ込みが少なく丸い葉です。

 


白い葉が一層白くなって、霜が降りたように、はっと目を引く鮮やかです。

 


シロタエギク(ダスティミラー)

学   名 Senecio cineraria 'Cirrus'

科属名 キク科キオン属(セネシオ属)

分   類 耐寒性多年草

 

シロタエギク(白妙菊) 【5Potセット】 下草苗

https://www.instagram.com/p/B57apTNHS_N/

ブルーベリーが真っ赤です。今までで一番きれいに紅葉しています。ブルーベリーは見た目も美しく、食べても美味しい!しかし、食べ頃だなーと思う頃に、鳥に食べられてしまいます。#ブルーベリーの木 #ブルーベリー紅葉 #紅葉 #庭のある暮らし #植物のある暮らし #garden #blueberrybush #ラムズイヤー #naturalgarden

 

 

 

三つ葉 がいっぱい

三つ葉がいっぱい生えています。

ナンテンの足元の、薄暗い 踏みつけられたような場所に生えています。

f:id:greenarchi:20191204223057j:image


一度タネを蒔いたことや、根っこがついている三つ葉の根っこを植えたりしたものが次第に増えて、耕されたり草刈りがされないような、暗い場所に自生しているようです。

 


しかし、茎も葉も硬そうです。

 


いつもはスルーしてしまうのですが、いつになくたくさん生えているように見えるので、今日は、なんとなく食べてみることにしました。

泥ネギを取りに行ったついでに、三つ葉も暗がりの中で適当に摘んできました。

f:id:greenarchi:20191204223133j:image


水に浸けて洗って、包丁を入れてみると、やっぱり硬い。

かじってみたら、青臭えぐみと硬さ。野性味が強くて食用には適しませんでした。

 


食用に栽培するなら、もっと栄養のある土や水で育てるのが良いのでしょうね。

 

学名

Cryptotaenia canadensis

英名

Japanese honeywort

和名

三つ葉

科名

セリ科

属名

ミツバ属

原産地

日本

 

 

泥ネギの季節になると 欲しくなる空間

スーパーに泥ネギが売り出される頃は、晩秋というよりは、もはや冬。

泥ネギは泥がついたまま大量にまとまって売られていますが、綺麗に洗われて袋に入ったものよりもだいぶ安いので、これを買わない手はありません。

 


小さな庭は、ネギを埋めておくような場所すらないのですが、

雑草をほじって、未練がましく残していたナスを引っこ抜いて、ネギのベッドをつくります。土を被せれば保存は完了です。

f:id:greenarchi:20191203163348j:image


夕飯の支度をする時に、ネギを取りに行くと、あたりは真っ暗で、窓から漏れる灯りを頼りにネギを一本土の中から取り出して、皮を剥く間にも、刺すような冷気で凍えそう。冬になったなあと実感します。 寒いと思いながらも、土の中から野菜を取り出して料理できるという嬉しさがあって、ほのかな幸せを感じられる時でもあります。

 


冬になると、やっぱり欲しかったなと思う空間は、キッチンとつながった「冷暗場」

。冷蔵庫に入りきらないような大きなダイコンや、ハクサイ、 ゴボウやタマネギを置いたり、大きな漬け物樽や味噌樽を置くようなストックヤードがあれば、自然のものを色々ストックできます。

 


野菜を洗ったり、作業が出来る庭とつながった土間スペースがあれば、申し分ない、余裕のある豊かな暮らしが出来そうです。

 


残念ながら、私の家には、そのような庭と繋がった土間空間がありません。

f:id:greenarchi:20191203162648j:image


東と南面にぐるりと半屋外の回廊を回しているのですが、この回廊を本当は北側 にもぐるりと回して、その一部を冷暗場にしたかった。どうしてもスペースがとれなくて断念してしまいましたが、冬になって泥ネギを買ってきて植える前に、ちょっと置いておく、陽の当たらない冷暗場があったらいいなと思います。

 

 

トウワタ アスクレピアス・クラサヴィカ

 

f:id:greenarchi:20191127214740j:image


11月のある日、庭の片隅に、見たこともないような、花が咲いているのを見つけました。

 


小さな星型の花で、くっきりと鮮やかな黄色とオレンジ。ツボミのような丸い部分は赤。プラスチックで出来ているかにような、ウソみたいな色合い。

 


クネクネ曲がったボックセージと、ゼラニウムのすき間にスッと立って、「殺風景な庭だから、咲いてみましたよ。」とでも言いたげ。

けれど、すっかり日が暮れるのが早くなった日暮れ時の、蒼く沈む草むらのなかで、どこかはかなげに映ります。

 


この植物は、トウワタ のようです。

スマホのアプリで、植物の写真を送れば、教えてくれるというのがあるらしいのです。

GreenSnap

というアプリを試してみたら、速攻で誰かとAIが教えてくれました。

確かにトウワタですね。凄い。

 

今度はググって更に調べてみます

 

トウワタ 唐綿 アスクレピアス

キョウチクトウ科

トウワタ


多年草

原産地 南北アメリカ

 


メキシコや南アメリカ原産の

アスクレピアス・クラサヴィカ種

学名(Asclepias curassavica)

耐寒性低い

多年草だが寒さに弱いため、日本では一年草として栽培される。

種子で増える。

 


アメリカ原産のアスクレピアス・ツベロサ種 (ヤナギトウワタ)

学名(Asclepias tuberosa)

耐寒性高い

 


耐寒性の低いものと高いものがあるようです。

 

うちの庭に生えてきたものはクラサヴィカのようです。冬には姿を消してしまうかもしれませんが種子で増えるようなので、種子ができたら収穫しておこうと思います。

種子はフワフワの綿毛に包まれるようなので、それも楽しみ。

 

ムベジャムで作るドレッシング

今日は、昨日作ったムベジャムを利用してドレッシングを作ってみることにしました。

 

greenarchi.hatenablog.com

 

ムベは甘いので、砂糖やハチミツの代わりに使ってみます。

f:id:greenarchi:20191125165916j:image


ムベジャム 大さじ3

リンゴ酢 大さじ3

オリーブオイル 大さじ3

塩 小さじ 1/2 ぐらい(お好みで)

 


リンゴ酢の代わりに米酢や穀物酢、ワインビネガーでも良いと思います。

ムベジャムにスリおろしリンゴを入れたので、今日はリンゴ酢を入れてみました。

 


オリーブオイルは、オリーブの匂いが少ないピュアオイルを使いました。オイルもオリーブオイルの代わりに、アマニ油やシソ油などでも良いと思います。

 


爽やかで、ほどよい甘さのフルーティーなドレッシングができました。

ムベジャムのトロミ感もいい感じです。

 


ムベをグリーンカーテンやフェンスに絡ませているお宅は、少ないと思いますが、もし、ムベが手に入ったら、ジャムにして、天然の栄養豊かな甘味料として活用するとおもしろそうです。

 

ムベジャムの作り方

f:id:greenarchi:20191124174511j:image

 


ムベの実は甘すぎて、いつも食べずにシーズンが終わってしまいます。ムベは、タネがいっぱいで、パッションフルーツのように、タネの周りの果肉をしごいて食べても良いのですが、食べづらいのでジャムにしてみようと思います。

ジャムにしておけば、砂糖の代わりに使えそうです。

ムベは栄養豊富で、長寿の食べ物だそうです。コレステロールを下げる効果もあるのだとか。

 


うちの周りになってるムベを適当に収穫して、今年はジャムをつくってみます。

 

f:id:greenarchi:20191124174601j:image
半分にわって、スプーンで柔らかい部分をえぐりとります。

f:id:greenarchi:20191124174701j:image
f:id:greenarchi:20191124174704j:image

鍋に入れて、水も何もいれず、かき混ぜながら4、5分煮たら、ザルでこします。

ムベのペーストのようなものができました。

これを一旦味見すると、葛湯のようにまったりしています。

これにすり下ろしたリンゴ一個を加えて軽く煮ます。

f:id:greenarchi:20191124174744j:image

するとこんなオレンジ色になりました。りんごの酸味が加わって、爽やかな感じなりましたが、ジャムというよりペーストですね。

f:id:greenarchi:20191124174802j:image


このまま食べるより、調味料として、ドレッシングや、カレーなどに混ぜると良さそうです。

 

アボカドでしょうか

f:id:greenarchi:20191123194812j:image

植えた訳でもないのに、生えてきたこの植物、アボカド🥑でしょうか。去年、自然に生えて来て、冬に姿を消したものの、また今年、同じ位置から生えてきて、背丈も昨年よりずっと大きくなりました。室内の植木鉢で芽を出したアボカドの葉と同じように見えるので、これもアボカドなのではないかと思っています。

 

私の庭は、生ゴミを埋めて堆肥にしてるので、野菜が芽を出すことが多いので、毎日のように食べているアボカドが生えてきてもおかしくありません。

 

台風にも耐え、寒くなってきた11月の終わりでも、まだ青々としているこの植物。

今年は冬を越せるのでしょうか。

アボカドは南洋系の植物なので、冬は苦手かもしれません。今のうちに鉢揚げしておく方法もあると思いますが、まだ様子を見ておくことにしてみましょう。